葬儀にはいろいろな形式のものがある

subpage1

葬儀にはいろいろな形式のものがあります。

その地方によって同じ形式でも独特のものがあったり、ご遺族の希望によって個性的な葬儀を執り行うことができる会社などもあるといいます。

葬儀で主に選ばれる形式は大きく分けると4つあります。

葬儀ってとにかくお勧めなんです。

直葬、一日葬、家族葬、一般葬です。直葬は亡くなった病院などから直接そのままご遺体を火葬場へ搬送して、先に荼毘に付してしまう、という形式です。


会社で社葬などを後日執り行う、という場合に選ばれることが多いということです。
一日葬は、友引などお葬式を執り行うことができないときに、少し間をあけて葬儀を執り行うときに選ばれることが多い形式です。一日で御通夜、お葬式などを執り行ってしまうので、一日葬と呼ばれています。

家族葬は最近選ばれることが増えてきた形式で、ご遺族と親しい人たちだけで執り行う形式です。

一般葬の縮小版と考えるとわかりやすいです。
お葬式などの流れは一般葬と同じですが、参列する人数が少ない分、ご遺族がゆっくりと故人を見送ることができる時間を持つことができるということで、大都市圏を中心に選ばれることが増えてきています。

一般葬は昔から執り行われてきた形式で、参列者も多く、ご遺族が参列してくれた方たちをしっかりとおもてなしをしながら故人を見送ってもらうことができるということで選ばれることが多いといいます。

Yahoo!知恵袋情報をご紹介いたします。

葬儀はいろいろな形式のものがありますが、ご遺族の希望だけではなく、故人が生前に希望して選択している場合もあります。



葬儀の基本知識

subpage2

葬儀とは人がお亡くなりになられた後行われる葬送で、仏教、神教、その他色々な宗教によって方法や決まり事があります。宗派の数だけ方法があり、同じ宗派でも地方や地域によって方法が異なることもあります。...

more

葬儀関係の情報!

subpage3

人は誰しも生まれた以上は必ず死を迎える時がくるのです。これは人間に与えられた唯一平等なライフステージとも言えるでしょう。...

more

葬儀の特徴紹介

subpage4

故人を偲び、送り出すために行われる葬儀は世界中の多くの国で行われていますが、その中でも日本は特にお金も時間も掛かるといわれています。それは、日本人の多くが信仰する仏教の教えに基づくものが多く、故人を丁重に扱うためでもあります。...

more

皆が知りたい情報

subpage5

現代の日本はなかなかデフレ経済から脱却できない状況にあります。そのため、サラリーマンの年収は伸び悩む傾向にあるのです。...

more